gf1420128760

サラーリーマンやOLの方は本業以外でも収入を得たい、主婦や学生さんでも空いてる時間を有効に活用して収入を増やしたいなど、副業を始めたい方は沢山いらっしゃると思います。

雑誌やネットで検索して情報を探したりして、ハウツーを参考にチャレンジして下さい。

サラリーマンの副業

国税庁の「平成23年民間給与実態調査結果」で平均409万円でした。10年前の平成13年は平均454万円で、年々下がっているのがわかります。

普通、自己防衛する方法で「節約」「転職」など思い浮かんできますが、「副業」で収入が月1万円でも2万円でも増えれば、生活が楽になると考えられませんか。チャレンジしたくなりませんか。

ここで問題なのが、自分にあった副業選びになってきます。本業の職種で選ぶか、新しい可能性を見つける為に別の職種を選ぶか、手っ取り早くアルバイトを選ぶかは本人次第です。

副業を行った職種で、1位が「アルバイト」、2位が「オークション・ネットショップ」、3位「アフィリエイト」…の順になっています。確実に収入が入るバイトが多いのですが、パソコンやネット利用をまとめて在宅系副業にすると半数以上の方が実践しています。

これから副業を始められるサラーリーマンの方は、先駆者の副業ハウツーを収集し、実践できる現状にいます。数多くの情報を参考に、自分にあった副業を探し励んで下さい。

主婦にでも出来る副業

主婦の副業は近年増え続けていて、「いきなり!黄金伝説」などのメディアでは、在宅で出来る仕事人気ベスト10を放映するほど人気があります。

主婦っと言っても、子供が小さくて離れられない、家事などで空いた時間が少ないなど様々な現状の方がいらっしゃいます。

各々のライフスタイルに合った副業を選ぶ必要があります。また、目標とする収入でも変わってきますので、あなたに合う最適な副業を探す事が重要となります。

気を付けて欲しいのは「おいしい話」に手を出さない様にして下さい。仕事は、楽して大金は稼げない事を忘れないで。

内職系の手作業が人気ですが、重労働で収入も割に合わない不満があります。現在はパソコンやネットを利用した副業がポピュラーで、始めやすさや種類の豊富さでどなたでもチャレンジできます。

内職系の手作業が人気ですが、重労働で収入も割に合わない不満があります。現在はパソコンやネットを利用した副業がポピュラーで、始めやすさや種類の豊富さでどなたでもチャレンジできます。

はじめは目標額「1万円」からスタートして、無理せず徐々に増やして下さい。過度の期待から挫折する事もありますので、マイペースが一番です。

まずは、自分に合った副業を探し出して、長く続ける事から始めて下さい。その過程で、自分の得意分野や稼ぎ方もわかってきて、収入も増えて行くことでしょう。

スポンサードリンク