人気フリマアプリのメルカリとラクマ、どのアプリを使えばいいのかわからない方に、フリマアプリの違いを比較。

驚くほど似ているメルカリとラクマの違いを紹介します。




メルカリとラクマ比較一覧

メルカリ ラクマ
ユーザー数 6000万DL 未発表
販売手数料 10% 無料
振込手数料 216円(1万円以上は無料) 216円(1万円以上は無料)
振込日数 月2回 最大翌々営業日
配送サービス らくらくメルカリ便 ラクマ定額パック
匿名配送サービス あり 無し
ブロック機能 あり 無し
取引キャンセル機能 無し あり
ポイント メルカリ内 楽天ポイント
招待ポイント 100pt(100円) 300pt(300円)

メルカリVSラクマ

ユーザー数

2018年3月の時点で、メルカリは6000万ダウンロード以上で、対するラクマは以前未発表です。

メルカリはTVCMなどの宣伝が目立ちますが、ラクマは少ない印象がします。手数料無料なので、広告が少ないかもしれませんね。

現時点では、メルカリがダントツです。出品される数やいいね、購入済みからみてもアクティブユーザー数も多い感じがしますね。

販売手数料

販売する側からでも購入する側からしても、ラクマの手数料無料はメリットがデカイですね。

ラクマで出品した販売価格をメルカリの手数料10%の場合、商品希望価格に10%を足して販売価格にするので高くなる傾向になります。

ただ、ユーザー数も多く、ラクマを知らない購入者もいるので、高くても商品が売れるんですよね。

配送サービス

らくらくメルカリ便もラクマ定額パックも同じ内容のサービスになりました。

匿名配送サービス

メルカリ出品時に、らくらくメルカリ便による発送を指定している場合に利用できるサービス。

出品者、購入者がお互いに自分の名前や住所を教えなくてもお取引ができる匿名配送システム。

お互いに見知らぬ相手と取引を行うわけですから、購入時に個人情報が(氏名・住所)丸見えになるのが不安ですよね。

匿名取引きを利用すると、安心や安全性が増えるわけですから販売価格が少し高くても売れる可能性があります。

ラクマでは(2016年11月現在)匿名配送サービスが有りません。

ポイントサービス

キャンペーンや招待コードでもらえるポイントは、メルカリはサイト内だけで利用できますが、ラクマは楽天ポイントとして利用できます。

ポイントには有効期限が決まっているので、キャンペーンポイントだと短く設定されているので、獲得したポイントの有効期限はチャックが必要ですよ。

メルカリとラクマの同時出品

両方のフリマアプリを使う前提として、ラクマで出品した販売価格に、メルカリでは10%を含んだ販売価格で設定して、匿名取引できるように出品する方法もあります。

実際に、「どこどこでも出品してます」の表記をして、メルカリとラクマを併用(同時出品)する人がいるのですが、

メルカリでもラクマでも同時出品は禁止されているようです。

まとめ

メルカリは、早く売りたい方(売れやすさ)や匿名で取引きしたい方向け。

ラクマは、利益を減らして売りたくない(手数料10%がイヤ)方や楽天スーパーポイントを利用したい方向け。

メルカリの方が優位なのですが、ラクマでしか売れない(出品してない)物がありますので、出品商品でフリマアプリを分けてもいいですね。

フリマアプリおすすめ比較!人気アプリでお得に売買
注目を集めているフリマアプリ。スマホで撮影して出品作業までこなせる手軽さと、オークションとは違うスムーズな個人売買が魅力と言えるでしょう。購入目的...
スポンサードリンク