格安SIMの利用料金はほとんどのMVNO(仮想移動体通信事業者)でクレジットカードでの支払いのみとなっています。そこで、どうしてもクレジットカードではなく、口座振替(銀行引き落とし)を利用したい方に紹介します。

はじめに

格安SIMの利用料金支払方法の選択としてクレジットカードと口座振替がありますが、格安スマホと格安SIMセットで購入の場合はクレジットカード支払のみになってしまいますのでご注意下さい。

口座振替対応MVNO

OCNモバイルONE

口座振替で「データ通信SIM」「音声通話SIM」の支払いが可能です。

口座振替での申し込みには「カスタマーズフロント」に電話をかけて受付します。その後郵送で「口座振替申込用紙」が届きますので、必要事項を記入後に返送して手続き開始となり、完了後に開通となります。

クレジットカードでの申し込みより口座振替での申し込みには手続きの時間がかかってしまいます。

BIGLOBE LTE

口座振替で「データ通信SIM」の支払いが可能です。ただし、口座振替手数料が毎月200円(税抜)かかります。

ネット(オンライン)申込みで、「お支払い方法」のクレジットカードか口座振替を選択して受付できます。口座振替の方を選ぶと郵送で「支払い方法登録申込書」が届きますので記入して返送することで手続き開始になります。

口座振替には日数がかかります。

ぷららモバイル

口座振替で「データ通信SIM」「音声通話SIM」の支払いが可能です。

ぷらら新規入会で「ぷらら入会センタ」への電話申込で受け付けできます。受付後に送付される「預金口座振込登録申し込み書兼登録内容変更依頼書」に必要事項を記入し返送することで手続きできます。

その他

「mineo」ではeo光ネット口座振替を利用の場合には利用できます。

「Nifmo」では@niftyの光回線やADSLの支払いを口座振替の場合には利用できます。

他のMVNOでも、提携サービスの口座振替を利用中であれば格安SIM利用料金の支払いも口座振替で出来る場合もあります。

スポンサードリンク